家族が多くててもセミリタイアしたい

家族が多くてお金がかかるけど、自由な時間を作って生きていきたい

イベント企画、気になる待遇は?

イベント企画会社に就職したいと考えたとして、まずはどこにどんな会社があり、どんな職種が人員を募集中なのかを知る必要があります。今回は就職情報サイトとして最大級の「リクナビ2023」を活用し、企画会社の求人に関する情報を調べてみました。
「イベント企画会社」に関する就活準備やインターンシップの情報で検索できたのは226件でした。それでは、どんな会社があるのでしょうか。基本的には東京都内に本社を置く企業が多いのは、人がたくさん集まる場所でイベントが行われることから自然ですね。もう少し細かく見ると、鉄道会社やホテル経営会社の系列だったり、広告会社関係だったりする企業が検索に引っ掛かりました。
ちょうど東京五輪後ですし、コロナ禍でアウトドアやスポーツの良さが見直されている時期ですから、スポーツ関連のイベントを手掛ける会社の情報も多いように見えます。

年収は平均的

もっとも、上で見たように「東京のイベント」と一口で言っても、形は本当に幅広いですよね。展示会にはじまり、プライベートショーやセミナー、会議、コンサート、ライブなど。コロナ禍では下火ですが、食関連のイベントなんかは、近年、強い人気があると思います。
そんな中、イベントの企画や運営を手掛ける「イベントプランナー」という仕事の待遇はどうでしょうか。いくら華やかで刺激的な仕事内容でも、生活する上で待遇面は気になりますからね。イベントプランナーの年収は400万円台後半から600万円台の前半と言われています。これを見ると、一般的なサラリーマンの年収と同じぐらいかな、という感じですね。仕事の内容自体はイベントをゼロから作り上げるのでやりがいは大きそうですが、その分、労働時間は長くなる傾向にあるようです。そのため、イベントプランナーをやっている人の中には、将来的な独立を視野に入れている人も少なくないそうですね。専門的な仕事内容だけに、いわゆる「つぶし」は利かないでしょうから、業界に入る際は将来的な展望も持っておきたいところですね。

徳島のパワースポットを巡る

四国といえば、4県をめぐる四国八十八か所霊場めぐりをはじめ、パワースポットがたくさんあるエリアです。

鳴門の渦潮

徳島といえば鳴門の渦潮。

月の引力による潮の満ち引きと特異な地形から渦潮が生まれます。

ここでしか見ることのできない巨大な渦潮は、自然の偉大なパワーを体感できるスポットです。

渦潮が見られるのは一日のうち数時間、満潮時と干潮時の前後1時間~2時間ほどです。

天候によってみられる時間も変わってくるので、その日の満潮時間、官庁時間を確認してから渦潮見物に行くと良いですよ。

渦潮が最大になるのは大潮の時。大潮の日の干潮時がおすすめです。

潮見表を確認して、自然のパワーをいただきに行きましょう。

徳島の神社

自然のパワーをいただいたら、次は神様からパワーをいただきましょう。

徳島の神社には様々なご利益があり、パワースポット巡りには欠かせません。

金運・厄除けなら鳴門市にある大麻比古神社がおすすめです。

勝利や成功を願うなら武運長久と出世開運の神様「津田八幡神社」にお参りしましょう。

八百万の神様が存在するといわれている日本で、一番多い神様が八幡さまだそうです。

それだけ古くから多くの人々に信仰されてきたという事ですね。

合格祈願なら徳島眉山天神社。

学問の神様「菅原道真公」を祀っているので、受験シーズンには多くの受験生が訪れます。

就労継続支援A型事業所で職業訓練

障がいを持った方が自立した社会生活をおくるために、働きたいと望んでも、一般の企業への就職は難しいこともあります。

企業でも障がい者枠があるものの、現実には狭き門でしょう。

身体的、精神的に一般企業への就労に自信のない方もいらっしゃいます。

そんな障がい者の為の就労支援が就労継続支援サービスです。

鹿児島の就労継続支援A型事業所

鹿児島にある就労継続支援A型事業所では、クリーニング事業を行っています。

病院や福祉施設を対象として、衣類やタオルなどのクリーニングとタオル、おしぼり、病院の患者さんや施設利用者さんのパジャマ、スタッフのユニフォームなどのリース業を行っています。

仕事内容は配送業務、入出荷業務、洗濯・乾燥・アイロンがけなどのクリーニング業務となっています。

すべてスタッフがサポートしながら作業に当たるので、安心して仕事ができます。

就労継続支援A型とB型

就労継続支援にはA型とB型があります。

大きな違いは雇用契約です。

A型は事業所と雇用契約を結ぶので、一般企業と同じように労働時間、労働日数、各種保険についても雇用契約書に基づいて決められます。

給料についても最低賃金が保証されます。

B型は雇用契約を結ばず、働く場所(作業所)とサポートを提供する事業所です。

体調に合わせて短い時間でも利用でき、賃金は作業の成果で工賃として支払われます。

「溶接のテーマパーク」が登場

最近、面白い取り組みを見つけました。「溶接のテーマパーク」という触れ込みの一般人向け体験事業です。溶接という堅い言葉とテーマパークという娯楽的な語感の言葉は、普通、なかなか結び付きにくいと思います。どういう施設なのか、今回はこれを紹介してみたいと思います。
溶接のテーマパークは正式には「アイアンプラネット」という名前の事業で、もともとは福井県坂井市に本社を構える長田(おさだ)工業所が始めたものです。簡単に言うと、鉄工所の一部を一般人に開放し、簡単な溶接体験サービスを提供したり、イベントを開催したり、作業スペースをレンタルしたりするという事業です。ちなみに、大人だけでなく、子ども向けの展示や体験のスペースもあります。長田工業所では工場の2階部分を改装してアイアンプラネットとしているようです。

全国に6カ所を展開

この事業が興味深いのは、全国の同業者を対象に、理念に共感してくれる会社を探し、フランチャイズのようなシステムで仲間を増やしている点です。「理念」というのは、鉄の可能性を伝えるとともに、将来の担い手確保にもつなげたいという思いがあるそうです。そんな中、アイアンプラネットは静岡県沼津市、栃木県栃木市、神奈川県秦野市、岐阜県羽島郡、富山県富山市の5社がフランチャイズとして参加しています。本所となっている福井を含めると、全国に6カ所ですね。残念ながら、現時点で群馬県内の溶接工場はありません。しかも、アイアンプラネットは小型溶接機メーカー「SUZUKID」と連携協定を結んでおり、さらなる事業展開も期待されます。
溶接を含む工業所の仕事というのは、一般人からすると、分かりにくいところがあります。こうした施設を通して仕事の魅力に触れられる機会が増えれば、すぐに担い手が現れるかどうかはともかくとして、子どもを含む一般人からの職業への理解が広まる機会にはなると思います。これが「キッザニア」のような大規模な施設ではなく、社員数人の町工場で実践されているところに、ロマンを感じますね。

湘南をドライブ

鎌倉から江の島、茅ケ崎と湘南の海岸線をドライブ。

秋風が吹き始めた今日この頃ですが、まだまだ暑い日が続き、海風がとても気持ちいいですね。

夏の土日は大渋滞になるこの道も、季節外れの平日なら気持ちよく走れます。

帰りには茅ケ崎の八百屋に立ち寄りました。

新鮮な果物を使ったフルーツサンドも売っていましたよ。

茅ケ崎のフルーツサンドはインスタ映えで有名らしいです。

海岸線のドライブ

七里ガ浜の海岸線を走ると、左手に湘南の海、右手には江ノ電が走っています。

鎌倉高校の近くの踏切は、映画やドラマでもよくつかわれる有名スポット。

海に目を転ずれば、サーファーの姿が見られます。

江の島を過ぎて茅ヶ崎サンビーチに向かうと、サザンの歌にも登場する烏帽子岩が見えてきます。

江の島散策

江の島は大好きなスポットで、何度も訪れています。

湘南はしらす漁でも有名でここへ来たら必ず食べるのがしらす丼。

運が良ければ朝どれ新鮮な生しらすが食べられますよ。

参道には、タコをそのままプレスした巨大なタコせんべいや、その場で挟んでくれるアイス最中など食べ歩きグルメが目白押し。

食べ歩きを楽しみながら参道を登っていきます。

エスカー(有料のエスカレーター)を利用すると灯台の入場券とセットで買えて便利です。

灯台から望む景色はいつ見ても素晴らしいですね。

 

野球にウエイトトレーニングは本当に必要なのか?

野球にウエイトトレーニングは必要なのか?マーリンズ時代のイチローは「トラとかライオンはウエイトトレーニングなんかしない」とウエイトトレーニングをする必要はないと発言をしております。

 

これに対してメジャーリーガーダルビッシュ有は「身体能力の高い人に勝つにはウエイトトレーニングをして追いつくしかない」と話しております。

 

野球選手にウエイトトレーニングとは本当に必要なのか?これについて細かく解説をしていきたいと思います。

 

ウエイトトレーニングは怪我につながる?

ウエイトトレーニングは本来、体の筋肉量を上げ、怪我を防ぐための体作りをするのが目的とされております。

 

ジャイアンツの坂本勇人選手は試合後に欠かさずウエイトトレーニングをしておりますが、筋肉を大きくするのが狙いではなく、1年間怪我をしない体作りをするためと話しておられます。

 

しかし、股関節や肩甲骨などの可動域を大事にする部位を間違った方法でトレーニングしてしまうと、肉離れや筋挫傷、ピッチャーだと肩や肘の負担につながっり、大怪我に繋がってくる恐れもあります。

 

トレーナーと相談する

ウエイトトレーニングで怪我をしてしまう人は、正しい知識を持ってトレーニングを行っている人が少なく、そのトレーニングをすることによって生じるリスクに気づいていません。

 

必ずトレーナーと共に、「この部位を鍛えることでどのような効果を得ることができるか」というメリットと「鍛えすぎるとどんな怪我のリスクがあるのか」というデメリットを常に照らし合わせて考えながらトレーニングをする必要があります。

 

ダルビッシュ有から学ぶトレーニング

メジャーの第一線で活躍しているダルビッシュ有投手は、東北高校時代や、日本ハム入団当初はかなりの細身でした。

 

その頃のダルビッシュ有投手の成績は、今ほどの輝きはありませんでした。
何かを大きく変えなくてはいけないと思い始めたウエイトトレーニングや徹底的な食生活の管理が今のメジャーリーガーダルビッシュ投手の活躍を支えています。

 

ダルビッシュ有投手が自身のYouTubeに公開しているトレーニング

youtu.be

 

まとめ

ウエイトトレーニングは、ただ体を大きくして筋力をつければいいというものでは決してありません。

 

間違った方法でトレーニングをすると、可動域の縮小や体への負荷により、パフォーマンス能力は格段に落ちてしまいます。

 

正しい知識と正しいフォームでトレーニングを行い、トレーニング後のリカバリーや食生活、トレーニングの間隔を調整するなど、徹底的に自分自身の体と向き合うことによって、初めて絶大な効果が生まれるものです。

一般家庭で依頼する電気工事

電気工事の内容は多岐にわたります。

新築時には、配線・分電盤の設置、コンセントの取り付け、照明器具の取り付けなどの電気工事が行われます。

普段生活している中で電気工事を依頼することは少ないと思いますが、どんなシーンで電気工事が必要となるのでしょうか。

愛媛の電気工事会社を参考に調べてみました。

エアコン取付

どこの家庭でもエアコンの取り付けを依頼した経験は1度や2度必ずあるでしょう。

エアコンの寿命は10年といわれていますから、買い替えもしますよね。

エアコンの取り付けも電気工事会社の仕事です。

エアコンを設置するだけなら特に資格は必要ありませんが、専用コンセントが必要になったり、配線を触らなければならない場合には電気工事士の資格が必要となります。

コンセントの増設

部屋の模様替えをしたり、生活スタイルが変わったりすると、コンセントが足りなくなったり、コンセントの位置が使いづらくなったりすることがあります。

延長コードで間に合わせもできますが、コードが邪魔になったり、見た目もすっきりしないですよね。

電気工事会社に依頼するとコンセントの増設や移設が可能です。

その他にも…

その他にも照明器具を変えたい・スイッチを交換したいなどの依頼もあります。

また、インターホンの取り付けや温水洗浄機付き便座の取り付けなども依頼できます。

電気は素人が扱うと危険です。

配線を触らなければならない時には、電気工事を依頼しましょう。