太陽光発電のリースとは | 太陽光発電のいろは

HOME » 太陽光発電のいろは » 太陽光発電のリースとは

太陽光発電のリースとは

産業用太陽光発電システムを設置することを考えている場合、初期費用、投資金額が大きな問題となります。
資金を調達できるのであれば購入するか、もしくは資金を使わずにソーラーローンを利用するという方法も有効です。
発電した電力を電力会社へ売るという収益が担保として考えられるため、他のローンと比較をすると融資されやすいでしょう。
しかし、太陽光発電システムはリースも可能です。

リースとは、事務機器や機械などに導入されている方法です。
リースの仕組みとは、リース会社が商品を購入し、使用したい企業などが借りるというものです。
レンタルとは異なり、使用する側はリース料を支払う必要があります。
考え方としては、ローンで購入する方法と大きな差がはありません。
太陽光発電システムのリースを利用することで、様々なメリットが生まれます。
最大のメリットとは、高額な初期費用を必要とせず、太陽光発電システムを設置することが可能であるという事です。
また、金利変動がなく支払金額は固定、メンテナンスが付いているリースを選択することもできます。

太陽光発電システムをリースにすることにはメリットが多いと考えられます。
しかし、当然デメリットもあるのです。
まず、リース期間が終わると再度リースを組まなければならないということです。
また、リースの料金には金利なども含まれていることによって、支払う金額は高くなります。
リースの場合、レンタルとは異なり途中解約は不可です。
信用情報に載ってしまうため、他のローンなどは組みにくくなります。
これらのデメリットはあるものン、総合的に考えるとメリットの方が多いと考えられます。

投資資金として現金は用意できないという方であれば、リースやローンを組むという方法は有効です。
ただし、現金を用意できるに越した事はありません。
どの様な方法であっても、太陽光発電システムの販売者とともに検討し、太陽光発電システムのプランを考えましょう。