太陽光発電のしくみと強み | 太陽光発電のいろは

HOME » 太陽光発電のいろは » 太陽光発電のしくみと強み

太陽光発電のしくみと強み

太陽光発電システムとう名前を聞いた事はあっても、しくみを知らないという方も多いのではないでしょうか。
太陽光発電システムのしくみは、太陽の光を電力に変換し、家庭内の電力として使用するというものです。
他にも、使用しなかった電力は売ることも可能です。
しくみは単純ですが、電力を売ることで金銭的なメリットを得るという効率の部分では、まだ効率が良いとはいえません。
太陽光発電システムの導入には高額な初期費用が必要であり、コストの部分でも優秀な発電方法であるとはいえないでしょう。

一般家庭で使用する電力のうち、7割は太陽の光で発電できるといわれています。
そのため、太陽光発電システムは家庭で使用する電力の発電システムとしては非常に優秀であるといえます。
さらに、水力発電や原子力発電と比較すると、小型の太陽電池を沢山設置することが可能であるという点は、太陽光発電システムの特徴です。
ビルの屋上などにソーラーパネルを設置しているところも増えていますが、太陽光発電ではない別の発電システムを設置することは容易ではありません。

個々の家庭で電力を生産できるというメリットは、停電が起こった際や災害時にも非常に役立ちます。
地震による大規模停電が起こった場合でも、太陽光発電システムが設置されていることで、停電による様々なトラブルを減少させることが可能です。
地球に配慮した発電方法であり、システムの設置自体はシンプルである点から、太陽光発電システムが普及することにはメリットしかないという考え方もできます。

太陽光発電システムで懸念される点は、初期費用ではないでしょうか。
高額の費用を用意する必要があるものの、導入前には費用回収のシミュレーションを行うため、およそ何年でプラスに転じるのかも分かります。
初期費用を分割で支払う場合の金額よりも、電力を売った際の金額が大きくなるため、ローンを組んでいても経済的に痛手にはなりません。