太陽光発電にかかる初期費用とは? | 太陽光発電のいろは

HOME » 太陽光発電のいろは » 太陽光発電にかかる初期費用とは?

太陽光発電にかかる初期費用とは?

外部リンク「複合機が相場以下のリース料金

太陽光発電システムを設置する際、不安に感じる部分は初期費用ではないでしょうか。
太陽光発電システムを設置した場合の初期費用、内訳などを紹介します。
太陽光発電システムの初期費用平均価格は、家庭用でおよそ120万円〜150万円程です。
施工業者やソーラーパネルメーカーによって金額は異なります。
しかし、平均価格の範囲内であるかどうかを確認し、施工業者を絞って行きましょう。

施工業者の目星がついたところで、それぞれのシステムにいくらの費用が掛かっているのか、内訳を確認します。
ソーラーパネルは、1枚5万千前後です。
そのため、設置する枚数が多いと総額も上がります。
パワーコンディショナーは10万円ほど、接続ユニットは3万円ほどです。
接続ケーブルは1万円ほどとなりますが、接続ケーブルの数で総額は異なります。
モニターは5万円ほどですが、内訳はメーカーや施工業者によって前後します。
大幅に高い、大幅に低い場合には注意が必要です。

太陽光発電システムを設置するための初期費用は、工事費も含まれます。
太陽光発電システムのソーラーパネルやパワーコンディショナーなどの機械の他に、工事費が必要です。
工事の作業内容は、電気工事と設置工事です。
設置工事は、太陽光発電システムのソーラーパネルなどを屋根に取り付ける工事を行います。
電機工事は、接続ケーブルなどシステム同士を繋げる工事です。
それぞれの工事で10万円ほど、合わせて20万円ほどであると考えておきましょう。

太陽光発電システムの見積もりを依頼する際、提示された見積もりの中に、工事費が含まれているかどうかを確認する必要があります。
太陽光発電システムの合計と工事費は別途提示しているケースもあるのです。
その場合、工事費の見積もりも依頼する必要があります。
また、見積もりに工事費が含まれる場合であっても、工事費自体の内訳を確認します。
工事費を明確にしない施工業者もあるため、必ず説明をしてもらいましょう。