メガソーラー とは | 太陽光発電のいろは

HOME » 太陽光発電のいろは » メガソーラー とは

メガソーラー とは

近年、太陽光発電システムは、投資や節電、環境に配慮するなど様々な理由から注目を集めています。
ソーラーパネルを使用して電力を生産する太陽光発電システムですが、中でも「メガソーラー発電」に注目が集まっているのです。
メガソーラー発電とは、広い土地を有しているものの活用できていないという人にとってメリットの多いソーラー発電となっています。

メガソーラー発電とは、発電量が1,000kW以上となる非常に規模の大きな太陽光発電システムです。
住宅の屋根に設置するタイプの一般的なソーラーパネルの場合は10kW未満であるため、その規模の大きさが理解できるでしょう。
メガソーラーを設置するためには、土地が必要です。
企業が運営する産業用電力として利用されることが多いでしょう。
メガソーラーを導入する場合、およそ2ヘクタールの広さが必要となります。

メガソーラーは、電力の買い取り価格も高額となり、土地の有効活用などメリットも多いです。
しかし、当然デメリットもあるため、しっかりと理解をした上で検討する必要があるでしょう。
メガソーラーのデメリットとは、発電量が不安定であるという点です。
メガソーラーに限らず、太陽光発電システムとは太陽の光をエネルギーとするため、夜の間や天気が悪い日には発電できません。
しかし、メガソーラーの場合は発電事業であるため、一般的なソーラーパネルとは異なりある程度の収益は見込めます。
また、メガソーラーは最低でも2ヘクタールの土地が必要であるため、ソーラーパネルのメンテナンスなどを行う場合に手間がかかるのです。

メガソーラーを設置する場所が土の場合には、除草する手間がかかります。
固める場合には施工費用が掛かり、ランニングコストが必要となるでしょう。
数万という数を並べるため、うち1枚がトラブルを起こしていたとしても見つける事が難しいのです。
しかし、太陽光発電システムで利益を上げる事を考えている場合、規模が大きいほど利益になるため、1枚が故障したとしても影響は少ないでしょう。